カテゴリー
Fleets Twitter

Twitterのストーリー機能がテスト中

TwitterがInstagramで言うところのストーリ、「Fleets」のテストを一部の地域で開始しました!

Twitterが一部の地域で「Fleets」のテストを開始しました!Instagramで言うところのストーリです。

TwitteのNew Fleets

Twitterの機能紹介のFleetsの抜粋と翻訳です。

We’re testing a new future called Fleets! Fleets are for sharing fleeting thoughts and disappear in 24 hours

New – Twitter Fleet

Fleetと呼ばれる新機能のテストをしています!Fleetはつかの間の考えを共有するものであり、24時間で非表示になります。

We build this to make it easier for you to express yourself in new ways that feel less permanent and more casual then Tweeting

New – Twitter Fleet

これはツイートのように永続的ではなく、よりカジュアルに感じる新しい方法で自分を表現するために構築されています。

Feets can also be photos or videos with text on top

New – Twitter Fleet

Fleetsは画像の上に文字を重ねることもできます。

Your followers can see your Fleets at the top of their Home Timeline. And anyone who can see your full profile can find your Fleets there

New – Twitter Fleet

フォロワーはタイムラインの上部にFleetsを表示できます。そして、あなたのプロフィールからFleetsを見ることもできます。

There are no public Retweets, replies, or like on Fleets

New – Twitter Fleet

Fleetsにリツイートやリプライ、いいね!の機能はありません。

if your DMs are open, anyone can DM a reply to your Fleet. If they closed, then people you follow can reply

New – Twitter Fleet

DMを公開している場合、誰でもDMでFleetに返信できます。それらが閉じている場合はフォローしている人が返信できます。

You can also see the people who viewed your Fleet

New – Twitter Fleet

Fleetを誰が見たか確認できます。

Give it a try! Tap on your avatar at the top left of the timeline to post your first Fleet

New – Twitter Fleet

試してみましょう!タイムラインの左上にあるアバターをタップして、はじめてのFleetを投稿します。

For now, Fleets are only available in select countries. Excited to hear your feedback, which we’d encourage you to Tweet to us with #FleetsFeedback.

New – Twitter Fleet

現在、Fleetは一部の国でのみご利用いただけます。#FleetsFeedback であなたのフィードバックをお伝え下さい。

テストの対象地域が拡大か

Twitter版のストーリー「Fleets」は今年3月にブラジルでテストが開始されましたが、韓国や他の国でもテストが開始されている模様です。

筆者は韓国のVPNに接続して確認できました。

Fleetを投稿するとプロフィールのアイコンが白い円で囲まれます。

選択するとプロフィール画像を表示するか、Fleetを表示するかの選択肢が現れます。

絵文字のアイコンからDMに絵文字を送信できます。絵文字を送信した際にはアニメーションが表示されます。(Instagramと同じ…)

また、「Fleetに反応する」をタップすると(「Fleetで反応する」では…?)

Fleet内にツイートを埋め込むこともできます。

ついでですが、Web Storyというものを始めてみています。よろしければご覧ください。